2014年12月03日

『民藝』平成26年12月号は「丹波の古陶」特集です。

『民藝』平成26年12月号が発行されました。
今月号は、「丹波の古陶」特集です。

日本民藝館の丹波の古陶は、長年にわたって柳宗悦に愛された焼物です。
多くの所蔵品の中から、優品を紹介いたします。

この民藝館の丹波古陶は、今年開館45周年を迎える、丹波古陶館を設立した中西幸一、通父子による大きな協力があってのものでした。
また、当時日本民藝館の職員であった近藤京嗣氏も、窯跡調査や蒐集活動など、中西氏とともに尽力されました。

そういったことにまつわるお話しや、丹波焼の社会的なイメージ形成において柳が果たした役割、また丹波に学んだ作り手の方の文章など、図版とともに丹波焼の魅力を紹介する特集としました。

ぜひお読みください。

今月号の目次↓

img392.jpg


(M)
タグ:『民藝』
posted by mingei at 15:45| 『民藝』

2014年10月31日

『民藝』平成26年11月号「平成26年度日本民藝夏期学校/日本民藝館と旧柳宗悦邸」特集が発刊されました。

『民藝』平成26年11月号は「平成26年度日本民藝夏期学校/日本民藝館と旧柳宗悦邸」特集です。

日本民藝協会の主要事業として、1973年(昭和48)より開催されている日本民藝夏期学校は、今年2会場(佐賀県唐津市、千葉県我孫子市)で開催されました。

それぞれ地元の民藝協会が無い場所でしたが、地元の有志の方々や行政が実行委員会を立ち上げ、周辺の民藝協会のサポートの元、充実した夏期学校となりました。

それらの報告、感想等を紹介した特集です。

図版は、「日本民藝館と旧柳宗悦邸」。
要望の多い建物特集として、日本民藝館の本館、新館、旧柳邸母屋、長屋門等全体を紹介しています。
開館当時の新築の日本民藝館の写真も掲載しましたし、現在開催中の「カンタと刺子−ベンガル地方と東北地方の針仕事」展の展示の様子も紹介しました。

最新号目次→こちら

img359.jpg

(M)
posted by mingei at 10:00| 『民藝』

2014年10月03日

『民藝』平成26年10月号「刺子特集」です。

平成26年10月号の『民藝』は「刺子―東北地方の針仕事」特集です。

今回は、青森のこぎん刺しの普及に大きな功績をのこした、大川亮という人物について紹介しています。

また、先月号からのつづきで、柚木沙弥郎、岩立広子「カンタへの思い」後編も掲載しました。

最新号目次→こちら

img292.jpg
(M)
posted by mingei at 17:15| 『民藝』

2014年09月02日

『民藝』平成26年9月号が発刊します。「カンタ―ベンガル地方の針仕事」

『民藝』平成26年9月号は「カンタ―ベンガル地方の針仕事」特集です。

あわせて、日本民藝館では、9月9日より「カンタと刺子―ベンガル地方と東北の針仕事」展が開催されます。

同展の関連特集です。

ぜひお手にとってご覧ください。

『民藝』9月号目次はこちら

img2609.jpg

(M)
posted by mingei at 12:00| 『民藝』

2014年08月02日

『民藝』8月号「我孫子と柳宗悦」特集発刊しました。

第147回日本民藝夏期学校我孫子会場は、来週8月9日、10日の日程で開催されますが、その関連特集として、『民藝』8月号を発行しました。

特集は、「我孫子と柳宗悦」。

夏期学校で講師をされる方々に、我孫子と柳宗悦、兼子夫妻、宗悦の父楢悦、兄悦多、叔父嘉納治五郎について、ご執筆を頂いています。
また、我孫子の地誌についても、宗悦の文章を引用して、関連してお書きいただきました。

ぜひお読みいただければと思います。

なお、9月28日までは、我孫子市白樺文学館にて「柳宗悦展―出会いと絆の地、我孫子―」を開催していますので、こちらもぜひお出かけください。

img002.jpg

『民藝』8月号目次はこちら

(M)
posted by mingei at 15:02| 『民藝』

2014年07月01日

『民藝』7月号は、「唐津と武雄の焼物」特集です。

『民藝』7月号が発刊となりました。

来週から始まる第146回日本民藝夏期学校唐津会場の関連特集です。

町田市立博物館では「古武雄」展も開催されます(7/8より)。

また、日本民藝館は「濱田庄司展」開催中です。
7月号は、前回に引き続いて、「濱田庄司と益子のこと」インタビュー第2回も掲載しています。

連載もそれぞれ興味深い内容です。

7月号の目次はこちら

img073-02.jpg

(M)

posted by mingei at 15:25| 『民藝』

2014年06月03日

『民藝』平成26年6月号は「生誕120年 濱田庄司」特集です。

『民藝』平成26年6月号「生誕120年 濱田庄司」特集が発刊いたしました。

今回は、生誕120年を記念し濱田庄司ゆかりの皆様から、それぞれ想いの深い寄稿をいただきました。

また、庄司次男、濱田晋作さん、濱田窯の職人、豊田正夫さん、高根沢ミツ子さんのインタビューも掲載しています。
初めてお聞きするようなお話もたくさんありました。

ぜひ、手にとってごらんください。

『民藝』6月号目次→こちら

image005.jpg

(M)
posted by mingei at 15:04| 『民藝』

2014年03月29日

『民藝』4月号は「たくみ創立80年記念特集」です。

『民藝』平成26年4月号が発売となりました。

「たくみ創立80年記念特集」です。

昭和7年に鳥取で開店し、その翌年東京西銀座に開店しました。

80年の間には様々な方々が尽力してきました。
いろいろな方が関わり、たくみは作り手や使い手を育てました。

4月号の目次はこちら↓
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201404.html

ぜひ、お読みください。


2604hyoushi.jpg

(M)
posted by mingei at 10:00| 『民藝』

2014年03月05日

『民藝』3月号発売です。

『民藝』平成26年3月号が発行されました。

特集は、「日本民藝館展のあゆみ」。

審査委員の顔ぶれの変化や受賞作の変遷など、図版とともに見て、違いを感じていただければ幸いです。

柳宗悦の「個人作家と民藝」という文章も掲載しています。

個人作家としての「民藝」との関わり方も柳の言葉から知っていただければと思います。

2603hyoshi.jpg

3月号のもくじ(http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201403.html

(M)
posted by mingei at 14:22| 『民藝』

2014年02月06日

『民藝』2月号の表紙

『民藝』2月号は昨年12月に開催された「平成25年度日本民藝館展―新作工芸公募展」の関連特集ですが、その表紙を飾っているのが、宮城県の肥料振りかごです。

文字通り、田畑に肥料を撒くときに使用されており、樹脂製で編んだものもあるそうですが、持ちが違うそうです。
篠竹に山桜の皮できれいに編みこまれております。
別名「げすざる」(げすは肥料の意)。

日本民藝館展では、以前から出品されておりましたがこのたび日本民藝館賞を受賞されました。

この肥料振りかごの作者である佐藤さんやその他受賞者の方のコメントなど『民藝』2月号で掲載しております。

museum_prize_2013_3.jpg

『民藝』2月号目次↓
http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201402.html

(M)
posted by mingei at 00:00| 『民藝』

2014年01月31日

『民藝』2月号「平成25年度日本民藝館展」特集です。

平成25年度の日本民藝館展が開催され、2月号はその特集です。

ぜひお読みください。

受賞作などは↓
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/exhibition.html

目次は↓
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201402.html

です。

(M)
posted by mingei at 15:07| 『民藝』

2013年12月28日

『民藝』新年号発行されました

『民藝』新年号が発行されました。

日本民藝館次回展示「茶と美」展に関連し、「棟方志功の愛蔵品」特集です。

棟方志功のお茶、河井寛次郎のお茶についての文章も寄稿いただいております。

ぜひお読みください。

http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201401.html

2601ひょうし.jpg

(M)
posted by mingei at 09:00| 『民藝』

2013年12月07日

12月号「田島隆夫の地機織」発刊しました。

『民藝』平成25年12月号 732 「田島隆夫の地機織」特集、無事に発刊いたしました。

本号の編集後記にも書かせていただきましたが、私(S)がはじめて特集担当をさせていただきました。

不勉強な点ばかりですが、皆様にご一読いただき、ご意見ご感想などをお寄せいただけましたら、幸いです。


それでは、少し図版から田島隆夫作品をご紹介したいと思います。

表紙は昭和39年、日本民藝館展にて日本民藝館賞を受賞した「格子絣着尺」です。

黄色と青、オレンジが鮮やかな格子絣ですが、色のコントラストが素晴らしく、美しい織物です。

余談ですが、はじめて拝見した際に「表紙はこれにしたい!」と秘かに決めていました(採用されて良かったです)。

民藝2013-12月号ブログA.jpg


もう一つ、図版から作品をご紹介致しましょう。

民藝2013-12月号用ブログ.jpg

こちらは「大格子道中着」。

大きな格子が目を引き、光沢のある糸の風合いが存分に目を楽しませてくれます。


「着る」ための織物を織った田島さんの作品は、着てみてこそだそうですが、

お召しになった方のお話しですと、軽くて、着心地が良いのだそうです。

残念ながら、袖を通すことは叶いませんが、

その糸の風合いや植物染料で染めた鮮やかな色をお楽しみいただければと思います。

また、本文には道子夫人、染織工芸家の古澤万千子氏、ラオスで織物をしている谷由起子氏、

田島作品に影響を受けた大澤美恵子氏の文章も掲載しております。


今回、ご紹介させていただいた作品は、日本民藝館にて開催されます「平成25年度 日本民藝館展」(12月8日〜23日)

期間中も展示されておりますので、

お時間のある方は、ぜひ、実物をご覧になってください。

   
                                                                                                                                                                         (S)
posted by mingei at 17:03| 『民藝』

2013年11月03日

『民藝』11月号が発行されました。

『民藝』11月号は、「柳家の食卓、平成25年度日本民藝夏期学校」の特集です。

2511hyoushi.jpg

第1特集「柳家の食卓」では、柳家の自宅であった日本民藝館西館の紹介と、今回は、柳宗理夫人、柳文子さんへ「柳家の食卓のこと」をお聞きしました。

柳家に伝わるお料理のことや義母である兼子先生、夫である宗理先生の貴重なお話しを掲載しています。

戦前の柳家にお仕えした方の書かれた、当時の「柳家の献立ノート」も一部紹介。
表紙や図版は、柳家で実際に使用した陶磁器、食事をしている写真等です。

2511zuhan.jpg


第2特集は、「平成25年度日本民藝夏期学校」。

本年度3会場(沖縄やんばる、山形、越前)、小中学生対象の少年民藝夏期学校(熊本、松本、倉敷)の報告です。
参加された皆さんの率直な感想をいただいています。

目次等はこちら↓
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201311.html
(M)
posted by mingei at 10:17| 『民藝』

2013年10月01日

『民藝』10月号「鈴木大拙と柳宗悦」特集です。

『民藝』10月号が発刊しました。

今月は、「鈴木大拙と柳宗悦」特集です。

禅の教えを世界に伝えた鈴木大拙と民藝運動の創始者柳宗悦は、学習院高等科ではじめて出会いました。

大拙は、英語の教師として。
宗悦は、教えを受けた生徒として。

その出会いから終生深い交流が続き、大きな信頼関係で結ばれていました。

そうしたつながりや思想面での共通性など、二人の関係がつまった号です。

石川県金沢市の鈴木大拙館では開館2周年を記念し、「大拙と柳宗悦」展が開催されます。

そして、鈴木大拙館と日本民藝館は本日(10/1)、交流協定を結びます。
共同での広報や収蔵資料の提供など、これから大拙と宗悦と同じように、深い交流を行っていきます。

大拙、宗悦を学ぶきっかけとして、『民藝』10月号をお役立ていただければ幸いです。

http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201310.html

10月号図版1.jpg

(M)
posted by mingei at 11:35| 『民藝』

2013年09月07日

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集から(3)

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集より、未掲載の写真を紹介。

今回ご案内いただいた菊池さんは山のことに詳しく、いろいろ教えてもらいました。
そして、石橋探訪の途中に、こんな木の実やきのこもありました。

R0023613.JPG

エリマキツチグリ。
食用ではないようです。

写真.JPG

イクリ(菊池さんはこう呼んでいましたが、どうやらスモモのようです。九州ではこのように呼ばれるそう)
甘味は少ないですが、自然のやさしい酸味で、おいしかったです。

写真 (1).JPG

アラゲキクラゲ。
普通のキクラゲと違い、細かい毛に覆われています。
こちらは採取しまして、東京に帰ってきて私の胃袋に収まりました。
フカフカして、大変おいしかったです。


石橋だけでなく、このような自然の恵みも堪能いたしました。

『民藝』9月号目次はこちら↓
http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201309.html
(M)
posted by mingei at 10:00| 『民藝』

2013年09月05日

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集から(2)

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集より、本誌未掲載の写真です(2)。

R0023659山崎橋k.JPG

山崎橋

R0023664山崎橋石垣.JPG

山崎橋のアップ

R0023675鹿路橋k.JPG

鹿路(ろくろ)橋

R0023679笠松橋.JPG

笠松橋

『民藝』9月号目次はこちら↓
http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201309.html
posted by mingei at 10:00| 『民藝』

2013年09月03日

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集から(1)

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集。
今回、本誌で掲載できなかった写真をいくつかご紹介します。
(写真に少し写っている方は、今回ご案内いただいた菊池さんです)

R0023537八勢k.JPG

八勢目鑑橋

R0023592とどろ橋.JPG

とどろ橋

R0023637雄亀滝橋.JPG

雄亀滝(おけだけ)橋

R0023643.JPG

雄亀滝橋につながる用水路。ここを通って、村々に水を流していきます。
これによって、住人たちの生活は格段によくなりました。

『民藝』9月号目次はこちら↓
http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201309.html
posted by mingei at 10:00| 『民藝』

2013年08月31日

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」発売です。

『民藝』9月号「熊本の石橋と石工の仕事」特集が発刊しました。

2509hyoushi.jpg

熊本の石橋のこと、私もほとんど知らなかったのですが、これだけ現存していて、魅力的なものが多数あるというのは驚きでした。
また、石橋を見に熊本を訪れたいと思います。

この一か月は石橋漬けでした。
どっぷり堪能しました。

みなさまも本誌で少しでもご堪能いただければ幸いです。

『民藝』9月号目次はこちら↓
http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201309.html

熊本全国大会の報告もあわせて掲載しています。
全国大会で行われた日本民藝館長・深澤直人氏による記念講演「民藝とデザイン―兆しが予見する未来」も収録。深澤氏の民藝に対する考えが具体的に示されています。こちらもぜひ。


通潤_002.jpg
(M)
posted by mingei at 16:08| 『民藝』

2013年08月11日

『民藝』8月号へのご感想をお寄せ下さい!!

『民藝』平成25年8月号「柳宗理の見てきたもの」特集、現在発売中です。

本号では、初公開の柳宗理蒐集品を含む、日本民藝館のコレクションを多数紹介しています。また没後2年経ち、工業デザイナーのみならず、日本民藝館館長、日本民藝協会会長としての業績にも振り返る新たな論考をお二人の方にお寄せいただいております。

柳宗理先生は、日本民藝館館長や民藝協会会長在任中、さまざまな批判もあったそうですが、新しい民藝運動の形を模索し続けておりました。

そこで、民藝協会や民藝運動の将来を考えるうえで、本号のことについてもう少し考えてみたく思っています。みなさまからの『民藝』8月号に対する感想などをお寄せいただければ幸いです。

簡単なものでかまいません。

・紹介した図版について
・本号掲載の論考について
・柳宗悦と柳宗理について
・8月号に限らず、本誌全般について
・今後の民藝運動や民藝協会について

などなど。民藝に関するその他のことでも結構です。

↓以下のメールアドレスまでご送信ください。
日本民藝協会メールアドレス(mingei@jade.dti.ne.jp

まだ、本誌をお読みでない方は、郵送にてお送りすることも可能です(定価850円+送料1部76円)。
ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
日本民藝館売店でも購入可能です。

ブログ2.jpg

↓8月号目次です。
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/book_mingei201308.html

皆様からの率直なご意見をお待ちしております。

(M)
posted by mingei at 10:51| 『民藝』